• このエントリーをはてなブックマークに追加

電動鼻水吸引で子どもの中耳炎を防ぐ

子どもの中耳炎は、主に風邪がきっかけで発症します。風邪をひくと、喉や鼻に細菌が繁殖してしまいます。その細菌が耳の中耳という部分に侵入して、鼓膜やその周辺に炎症を起こします。昔はプールやお風呂の水が原因と言われていたこともありますが、現在では外部からの水は関係は全く関係がないことが分かっています。 大人の場合よりも鼻の構造上なりやすいといわれており、完治するまで長い期間が必要になります。特に赤ちゃんや幼児といった小さい子どもの場合には耳の症状を上手く伝えることが出来ないので、気づくのが遅れて悪化してしまうこともあります。激しい耳の痛みを感じたり、発熱などの症状が現れます。微熱が続いていたり、赤ちゃんが耳をしきりに触っているといった時には注意が必要です。

悪化してしまうと鼓膜を切開する場合もある

中耳炎にかかってしまった場合には、主に薬物療法による治療が用いられます。鼻水を出しやすくする薬や細菌を殺菌する作用のある抗生物質などが使われます。耳に激しい痛みがある場合には、痛み止めなどが使われることもあります。また、症状が軽い場合には、自然に治ることもあるようです。 ただし、症状が悪化して慢性化しまった場合には、自然に治ることはほとんどありません。耳の中に膿が溜まると、鼓膜を切開して膿を出さなければいけなくなることもあります。切開して空いた穴は、その後自然に塞がります。症状が重い場合には、外科手術が必要になることもあります。稀に何度も再発を繰り返していると鼓膜に穴が開いてしまい、正常な聴力を失ってしまうこともあるので注意が必要です。

鼻水を体の外に出してあげることが大切

中耳炎を予防するには、細菌が沢山いる鼻水を体の外に出してあげることが重要になります。しかし、子どもの場合には、鼻を上手にかめないことも多くあります。また、赤ちゃんの場合には保護者が吸引してあげなければいけません。鼻をかむことができないと、細菌が耳に侵入しやすくなってしまいます。 そんな時に便利なのが、電動鼻水吸引です。鼻水の吸引には手動のものもありますが、吸引力が弱かったり、上手く使えなかったりであまり鼻水を吸引できないということも多いものです。電動鼻水吸引を使用すれば自動で鼻水を吸い取ることができるので、鼻水を吸い取る効果が高くなります。 子どもは風邪をひきやすいので、電動鼻水吸引が家庭にあるととても便利です。特に風邪やインフルエンザが流行する時期は安心できます。

ピックアップ記事

吸引力を重視するなら電動鼻水吸引器を

赤ちゃんや小さい子供は、鼻水を上手に出すのが大変な場合があります。鼻水は風邪などを引き起こすウィルスや汚れを排出する働きがありますが、鼻の中にとどまって溜まってしまうと様々な病気の原因になることも考え...

電動鼻水吸引で子どもの中耳炎を防ぐ

子どもの中耳炎は、主に風邪がきっかけで発症します。風邪をひくと、喉や鼻に細菌が繁殖してしまいます。その細菌が耳の中耳という部分に侵入して、鼓膜やその周辺に炎症を起こします。昔はプールやお風呂の水が原因...

鼻炎にも効果的な電動鼻水吸引器

鼻水の吸引器というのは、赤ちゃんや幼児に使うものと思っている人も多いかもしれませんが、鼻炎や花粉症、副鼻腔炎などに悩まされている大人も使用することができます。また、中耳炎や副鼻腔炎を予防する効果も期待...