• このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻炎にも効果的な電動鼻水吸引器

鼻水の吸引器というのは、赤ちゃんや幼児に使うものと思っている人も多いかもしれませんが、鼻炎や花粉症、副鼻腔炎などに悩まされている大人も使用することができます。 また、中耳炎や副鼻腔炎を予防する効果も期待できます。中耳炎になってしまった場合、そのまま放置して置くと、鼓膜が破れてしまい、聴覚に支障がでる場合もあります。そうならないためには鼓膜切開手術をしなくてはなりません。手術には麻酔が用いられますが、やはり痛みが伴います。赤ちゃんや小さなお子さんに痛い思いをさせるのは、親としても避けたいことですから、吸引器を使用してこまめに鼻水を取り除くほうが良いでしょう。

電動鼻水吸引器の種類と選び方とは

電動鼻水吸引器と一言でいっても、いくつかの種類があります。 据え置きタイプは、高額で場所もとるというデメリットがありますが、吸引力が高く、頻繁に風邪をひいて中耳炎になってしまう乳幼児がいる場合には、おすすめです。 また、鼻炎や副鼻腔炎、花粉症で毎年のように耳鼻科で吸引してもらっているという人は、自宅で手軽に吸引することができますから、一家に一台もっていれば、幅広い世代で活躍してくれます。 一方、ハンディタイプの電動鼻水吸引器は、手動タイプよりも吸引力が高く、持ち運びも便利というメリットがあります。 ただ、ハンディタイプは部品点数が多く、細かい部品もあるため、お手入れが面倒というデメリットがあるので、購入する際にはそれぞれの特徴を理解した上で選ぶようにしましょう。

鼻水吸引器を選ぶときのポイント

赤ちゃんや幼児というのは、自分で鼻水をかむことができません。 そのまま鼻水を放置してしまうと、風邪を悪化させてしまい、中耳炎や副鼻腔炎などを引き起こすリスクも高くなってしまいます。 そのため、鼻水吸引器の購入を検討している方も多いかと思いますが、何を基準にして選べばいいのかお悩みの方もいらっしゃるでしょう。やはり第一に気を付けたいのは、赤ちゃんにとって快適であるかどうかです。電動式の場合、吸引力が高すぎるものは赤ちゃんが嫌がる傾向にあります。せっかく吸引器を購入してもお子さんが嫌がって鼻水を吸引できなければ意味がありません。そのため、吸引力が大切なポイントになるのです。メーカーのホームページなどをみれば、機器の性能について書かれてありますが、一番信頼できるのは実際に購入した人の口コミでしょう。通販サイトに書かれている複数の口コミを比べて参考にすることをオススメします。

ピックアップ記事

吸引力を重視するなら電動鼻水吸引器を

赤ちゃんや小さい子供は、鼻水を上手に出すのが大変な場合があります。鼻水は風邪などを引き起こすウィルスや汚れを排出する働きがありますが、鼻の中にとどまって溜まってしまうと様々な病気の原因になることも考え...

電動鼻水吸引で子どもの中耳炎を防ぐ

子どもの中耳炎は、主に風邪がきっかけで発症します。風邪をひくと、喉や鼻に細菌が繁殖してしまいます。その細菌が耳の中耳という部分に侵入して、鼓膜やその周辺に炎症を起こします。昔はプールやお風呂の水が原因...

鼻炎にも効果的な電動鼻水吸引器

鼻水の吸引器というのは、赤ちゃんや幼児に使うものと思っている人も多いかもしれませんが、鼻炎や花粉症、副鼻腔炎などに悩まされている大人も使用することができます。また、中耳炎や副鼻腔炎を予防する効果も期待...